血圧が低いということ|メシマコブでアトピー治療!幻のきのこで免疫機能正常化

メシマコブでアトピー治療!幻のきのこで免疫機能正常化

血圧が低いということ

男女

血圧は、高くても低くても身体に悪い影響があります。高血圧は様々なところで問題になっていることが多いですが、中には低血圧の症状で悩んでいるという人もいます。WHOの基準では、低血圧は最高血圧が100mmHg行か、最低血圧は60mmHg以下というようになっています。心臓は血液を全身に送るというポンプのような役割を持っています。しかし、低血圧の人の場合、ポンプ機能が弱いために血液がなかなか行き渡らず血液が不足気味になるということがあります。血液が不足気味になることで耳鳴りやめまい、頭痛や朝が中々起きられないというようなこともあります。人によっては、頭痛や立ちくらみ吐き気やたちくらみなどで日常生活に支障をきたすというようなこともあります。低血圧は、数値的に該当する人でも自覚症状が無いという人もいれば、仕事にも行けないくらいツライというような人もおり、症状はそれぞれ異なっていきます。

低血圧の症状は、子どもの頃から症状が続いているというような場合や、低血圧という症状以外はまったく健康という人もいます。原因があまりハッキリとしないものは、本態性低血圧と呼ばれており、慢性的な低血圧という人です。本態性低血圧は、日常生活に支障がないような時などは治療の必要がないとされています。しかし、慢性的に血圧が低いことにより、身体が冷えているという人も多いので、冷えが気になる際には身体を温める対策を行うことも大切です。また、ストレス解消を心がけてあまりストレスを溜めないような生活をしていくことも大切です。